« LEAFY3 | トップページ | LEAFY5 »

2012年3月15日 (木)

LEAFY4

さて、もう一丁。

甲斐さん採集の問題株AZ1110-16、AZ1110-16.5。葉の感じは、黄緑でもなく深緑でもなく不思議なヤツラ。私は、「緑」と呼んでます。深緑はハイブリッドなので、その片親だったりしないかと想像したりしてますが・・・。残念ながら、前者は水上化しようとして失敗し、手持ち株は小さいので、AZ1110-16.5 フルバーニアンのみ解析。

解析の結果、フルバーニアンのLEAFYの配列はハイブリッドではないことが確認できた。また、その配列はグランディフロルスと非常に近縁(2bp違い)であったが、LehtonenがNCBIに配列を登録してるエキノには同じ配列を持つものが見つからなかった。グランディフロルスとの比較を示します。上側がフルバーニアン。.ポルトとオパクスはハイブリッドですが、実は、その雄由来のゲノムがグランディと近縁です。つまり、フルバーニアンは、グランディとともに、ポルトやオパクスの雄にも近縁。16.5を単純にグランディの近縁種としていいのかどうか考え中。考えて分かるか疑問だが・・・

165

深緑ですが、データのバックグラウンドが高くて苦戦中。精製したDNAへの共雑物が多いのが原因のようだ。もうちょっとかかりそう。

« LEAFY3 | トップページ | LEAFY5 »

エキノ DNA解析」カテゴリの記事